UbuntuLinux

最近、Windows から Ubuntulinux へ乗り換える人が増えているらしい。


Ubuntu10.10 と 8.04 をインストールしたPC

Windows 7 では ISO CD イメージファイルの CD-R への書き込みが簡単です
 Windows 7 では ISO CD イメージファイルの CD-R への書き込みが簡単です


Ubuntu(ウブントゥ)は無償で提供されていて、6ヶ月ごとに最新版がリリースされます。
Ubuntuの入手から 日本語 Remix CD イメージのダウンロード  をクリックして
次のページの最新版の ubuntu-ja-○.○-desktop-i386.iso(CDイメージ) をクリックしダウンロードします。
(○.○ は最新バージョンの数字が入ります。2010年10月リリースで 10.10 となります。)

Windows7 CDimage Write CD R ドライブまたは DVD R ドライブに 700MB CD-R を入れ、 ダウンロードした .isoイメージファイルを右クリックし、[プログラムから開く]から Windows 7 に標準装備されている[Windows ディスクイメージ書き込みツール]を選択
CD Write Windows ディスクイメージ書き込みツール が起動するので、ディスクイメージファイル:が正しく選択されていることを 確認して、[書き込み] ボタンを押します。
数分で書き込みが終了します。

Files in CD CD-R を開いて中を覗いてみて左のようにファイルがそろっていればOKです。
このCD-Rを CD ROM (または DVD ROM )に入れて BIOS の設定を CD ROM (または DVD ROM )から起動するようにして、
古いパソコンや、使えるけど使わなくなったパソコンにインストールしましょう!
尚、Windows パソコンにマルチブートでインストールした場合、ブートファイルが上書きされてしまいます。
Windows XP まではブートメニューからカーソール(↓)で選択するか、またはブートファイルを書き換えればWindows も起動できますが、 Windows VISTA ,Windows 7 はブートの仕方がそれまでと全然違うので、Windows を完全に捨てる以外はインストールしないほうが良いでしょう。
(Windows VISTA ,Windows 7 のブートイメージをバックアップしてインストールする という方法もありますが..)


Ojindows2

インストールしたPC